キャッシングはバイトの方でも借りれる?

3月 23rd, 2014

キャッシングを利用するにあたり、一番心配なことが審査です。一般的な金融機関の審査と言えば正社員であるかないか・年収はいくらあるか・どんな仕事をしているか・勤務先に連絡を入れて在籍しているかの有無・過去に返済トラブルがないか・持ち家か賃貸か・既婚か独身か、などが挙げられます。

こうした審査では、正社員の方だとほとんどがクリアーするのでオリックス銀行の審査も怖くないと思いますが、パートやアルバイトの方は収入の額や勤続年数などさまざまな難所が控えていることになります。 一昔前まではアルバイトやパートとなると嫌煙されていましたが、今はパート、アルバイトの方でもキャッシング可能と宣伝される程さまざまな会社に普及されてきました。

審査基準もキャッシング会社によって多少変わってきますが、やはり「大事なお金を人に貸す」ということですから、パートやアルバイトであっても返済能力があるか・信用のできる方かは重要な判断基準になってきます。 一般的な審査基準にも挙げられている勤務先への在籍はあるか金融機関から会社に電話で確認を入れることで信用して取引をしてもらうことができるのです。 会社に電話をかけられて会社の人に金融機関での借金がバレる事を心配される方もいますが、キャッシング会社は絶対に社名を名乗る事はないそうです。 「○○と申しますが、そちらにお勤めの□□さんはいらっしゃいますでしょうか?」と確認を取るだけだそうです。プライバシーを尊重して頂けるのは助かりますよね。

後は一定の収入が得られているかどうかなので、パートやアルバイトでもコロコロと職種を変えてしまっていては信用もそれだけ半減してしまうかもしれないので、長く勤務できる会社に恵まれる事が一番大切かもしれません。

セブン銀行、ローソンATMよりも活用したいアコムで使える楽天銀行

3月 15th, 2014

便利に使えるアコム借り入れにするのであれば必ず用意しておきたいのは楽天銀行の口座です。 インターネットバンキングとして有名ではありますが、アコムではさらに活用していくことができます。 振込キャッシングから返済まで楽天銀行の活用法を見てみましょう。 アコムでは楽天銀行以外の銀行でももちろん振込みキャッシングはできます。 しかし振込実施時間が違います。 楽天銀行口座であれば24時間振り込みがいつでもできるのが特徴です。 土曜日の深夜でも日曜日の早朝でも時間も曜日も一切問わずに振込キャッシングの申し込みからわずか1分でキャッシングができるようになっています。 一方ほかの銀行口座であれば平日の14時30分以降の振込キャッシング申し込みでは翌日の9時30分に振込実施となります。 土日祝日ともなれば翌営業日の9時30分になりますのでかなりの時間がかかってしまいます。 返済ではインターネット返済を使っていくことでより簡単に、そして手数料も無料で返済していくことができます。 ATMに向かう必要がありませんので自分の都合がよい時間にいつでも返済を行えるのがポイント。 借りた日数分しか利息がかからない、それを逆に考えると毎日借りている期間は利息がかかることとなります。 一日でも早く返済できるのはやはり空き時間にでも返済ができるインターネット返済でしょう。 セブン銀行やローソンATMでも借入も返済もできます。 しかしトータルな利便性を考えてみるとやはり楽天銀行は外せないところです。

消費者金融と銀行の関係性

2月 7th, 2014

消費者金融と銀行の関係性は大きく変わりました。以前は貸付などにおいては、競合するものであって相容れるものではなかったといえるでしょう。銀行で借り入れできない人が、やむなく消費者金融でお金を借りるということが多かったのではないでしょうか。 しかし、貸金業法の改正が徐々に施行されていくうちに、消費者金融はその存続も危ぶまれるほどの経営が困難な状態に追い込まれました。過払い請求が相次ぎ、実際に倒産してしまった消費者金融も数多く、大手さえその例外とはならなかったほどです。中小の消費者金融は言うまでもなく合併、併合、倒産などを行い、貸金業界が全く変わってしまったといってよいほどの変化となりました。 ここで消費者金融は一旦生まれ変わったといってもよいかもしれません。経営の活路を見出すため、銀行との関係性を新たに変化させることを選んだのです。銀行との提携、あるいはグループ会社として加入することで消費者金融は銀行のネームバリューとその信用性を得たのです。 同時に利用者へのサービスを徹底して充実させたことは言うまでもありません。インターネットを利用することで、とにかくスピーディーに利用できるように対応を進めていきました。今後も消費者金融と銀行の関係性はますます深くなるといわれています。 今後は消費者金融だから、銀行だからといった形で借り入れ先を決めるのではなく、金利であるいは自分の使いやすい方法でどこでお金を借りるのかを決める人が増えていくことでしょう。

キャッシングの申込必要書類

5月 29th, 2013

キャッシングの申し込みに必要な書類は、まず必ず本人確認書類が上げられます。自動車運転免許を持っている人であれば、それが本人確認書類となります。もしも取得していなければ、健康保険証やパスポートなどが本人確認書類としてはあげられています。 ただし、キャッシング会社によってはより信用度を高めるために2種類あるいはそれ以上の本人確認書類を、求められる場合もあります。申し込みの前に、問い合わせておくようにするとよいでしょう。簡単にお金を借りることが出来るかもしれません。 他には収入証明書が必要になります。これは会社で勤めている方であれば、給料明細でよい、賞与の明細も必要などそれぞれ変わってきます。自営業の方は別に提出しなければならない書類があることもありますので、この点も確認しておくほうがよいでしょう。ただし、多くのキャッシング会社では50万円以下の借り入れであれば、収入証明書が原則としては必要ありません。現在では100万円以下であれば収入証明書が必要ないというところもでてきています。 専業主婦の方が銀行系のカードローンやキャッシングを申し込む場合は、配偶者の同意書が必要になります。この場合も、配偶者の収入証明書が必要になることもあります。申し込み先によって必要書類は、少しずつ違っています。店舗に行ってから書類に不足があって再度出直し、ということになっては時間も手間も大変もったいないですから、必ず事前に確認しておくようにしましょう。また、店舗に行く場合は他にも必要なものがないかも確認しておくようにするとよいでしょう。